いのちと性の講座

人類が今日、この時代に生かされているということは、生殖活動の営みがあってリレーのように「いのちのバトン」が繋がっているからです。

人間の生理的欲求は、食欲・睡眠欲・性欲で、これらは私たちが生きていくには欠かせない根源的・本能的な欲求と言われています。

しかし、

  • どんな食事を摂ったらいいのか?
  • 質の高い睡眠をとるにはどうしたらいいのか?

…と、食と睡眠に関しては活発に公に話し合われているにも関わらず、性だけが何かタブー視や寝た子を起こすな、などという風潮もあり、それほど話し合われていないというのが現実です。

 

小学生対象いのちと性の講座


動物と違って、私たち人間にとっての性は、本能的に欲を解消するだけのものとは全く違います。

本来セックスとは、お互いが愛し合い、相手のことを思いやり大切にした上での最高の愛の表現。
従って、繊細に、大切に扱わなければなりません。

しかしながら、巷には間違った性情報があふれかえり、親が子どもに性について伝える機会が減ると共に、子どもが性について正しい情報を知り、考える機会が非常に少なくなっています。

性は私たちが人生を歩んでいく上でも決して避けては通れず、私たちのいのちを次の世代につなげていくためにも、子どもたちにもきちんと向き合って、伝えていきたいテーマです。

そんなテーマを子どもの発達段階ごとに、わかりやすくプログラムした授業をご用意しております。

お母さんお父さんのためのいのちと性の勉強会

お父さんお母さんのためのいのちと性の講座

お子さんから


「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?」
「ぼく(わたし)は、どこから生まれたの?」


と質問されたら、どう答えますか?

この質問こそ、自分はどこから来たのか?というこの世界で生きていく立ち位置を確認する質問であり、自分は自分でいいんだという、自己肯定感の土台作りでもあると思います。

そして、いのちとは?性とは?と一緒に学び始めていくきっかけにもなります。


産まれてきたことへの感謝、出産時の喜び、どんな気持ちであったか?などの体験は、お子さんにしか話せません。
家庭でできるいのちと性の教育は、それぞれの家庭ならではのオリジナリティが一番出せるとこです。

このことは、子どもにとって、どんなに大切にされてきたかと、特別なこととして生涯、心に残るものなのです。

とはいえ、そんな質問が来たら、ドキドキしたりどう答えて言いものやら、、と焦りますよね。
また、すでにもう高学年・思春期を迎えてるし、そんな子どもにどう話したらいいものやら・・

そんなお母さん・お父さんのための、ざっくばらんに語り合う、勉強会をご用意しています!


いのちと性の講座こんな方に
  • 「赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?」「ぼく(わたし)は、どこから生まれたの?」の質問に答えられるようになりたい
  • 子どもにどう伝えていくか知りたい
  • まずは親から学びたい
  • こんな時はどうしたらいいの?!と相談したい、聞いてもらいたい

 


いのちと性の講座内容
  • いのちと性の大切さを伝えるのは何故でしょう?
  • 家庭でできるいのちと性の教育とは?
  • 始める時期は?
  • どのように伝えるか?伝え方
  • いのちの誕生の奇跡
  • 受精
  • プライベートゾーン
  • 妊娠の経過
  • 出産の喜び
  • 妊娠人工中絶
  • 性感染症
  • 第2次性徴
  • 男女交際
  • デートDV等発達段階に応じた伝え方

いのちと性の講座受講者の声
  • 個人的なことまで、話を聞いて、相談にのってもらい、安心しました。
  • 子どもに伝えるのは、今まで難しく身構えて考えていましたが、シンプルでいいんだなぁと、ほっとしました。
  • 子供の成長の節目ごとに、肯定的に受け止め喜ぶことから始めようと思います。
  • 今の子どもたちを取り巻く現状がわかってよかった。
  • 親も同じ目線で、学ぶことが大切だと思った。まずは、絵本を一緒に見ていこうと思う。


いのちと性の講座募集要項

時間:

1~2時間

 

料金:

一組(ご両親かどちらかの参加) 1,000円

数人集まれば実施します。

場所(場所代)・交通費等は参加者負担でお願いいたします。


保健師によるいのちと性の大切さ出張授業

いのちと性のことを語るには、それなりの勇気がいります。また語る者が、恥ずかしがって語ると、子どもたちは同じように感じ取ります。そのような時は、愛と想いを持って本気で語れる、保健師森崎にお任せください。

そして、健康教育は、伝えるだけでは意味がありません。
子どもたちの心に触れてこそ、初めて自分のこととして考え、行動に移り、伝えるから伝わる授業になるのだと思います。

長年の集団健康教育の実績を踏まえ、子どもたちの目線に合わせ、言葉を選び、見せて、聞かせて、体験させるプログラムにしています。

地域の子ども会、育児サークル、幼稚園、保育園、学校等で、子どもたちに、いのちの誕生の奇跡と神秘、性の大切さ、自分を大切に他者も大切にそして、正しい情報を見極めていける目を育むために、出張授業を取り入れてみませんか?

 

保健師による子どものためのいのちと性の出張授業

保健師による子どものためのいのちと性の出張授業内容

幼稚園・小学校低学年(30分~40分)

 体験学習 
 *親子講座としての企画もできます。
  • 将来の夢
  • 女の子と男の子の体の違い
  • プライベートゾーン(下着で隠れてるところは、恥ずかしいから隠すの?)
  • いいタッチ悪いタッチ(ウェルネス・タッチケア®)性被害の防止
  • 誕生の喜び、受精の瞬間、赤ちゃんが生まれるまで
  • 赤ちゃんが生まれるとき 等

 

小学校高学年から中学生(45分~1時間半)

 スライド、体験授業
  • 誕生の喜びと奇跡
  • 二次性徴
  • 思春期
  • いいタッチ悪いタッチ(ウェルネス・タッチケア®)性被害の防止
  • 精子と 卵子の出会い
  • 受精の神秘
  • 驚くべき胎児の成長
  • 生き方についてなど。
  • 性感染症、人工妊娠中絶

 

中学~高校・大学生(1時間~1時間半)

 スライドを使っての講演
 *上記の内容にプラスして、以下を加える

  • 男女交際
  • デートDV
  • 性行為感染症
  • 人工妊娠中絶
  • 結婚について

 


保健師による子どものためのいのちと性の出張授業募集要項

料金:

講演料/応相談